東京駅からペニンシュラ東京へのアクセス。おすすめの行き方はこれです!!

日本屈指のビジネス街として
知られる丸の内エリアに
位置するザ・ペニンシュラ東京
日本を代表するホテルの一つです。

では、東京駅からはどのように行けば良いのか
電車での行き方を徹底的に調べるとともに
おすすめの行き方をご紹介いたします。

スポンサードリンク

東京駅からペニンシュラへの行き方

行き方は3通りあります。

  • JR山手線で有楽町まで行きそこから徒歩
  • 東京駅から徒歩
  • 東京駅からタクシー

以上に関して詳しく紹介していきます。
ペニンシュラ東京

電車での行き方

新幹線降りてからJR在来線に乗り換えるまで

東海道新幹線や東北新幹線などで上京する場合
乗車券は「出発駅→東京(都区内)」
という乗車券となります。
改めて乗車券を買い直すことはありません。

さらに最寄りの改札口が
八重洲口というところに出ます。
しかし、在来線に乗り換える場合
八重洲口改札を出てはいけません。
JR線のりかえ口を通りましょう。

在来線連絡改札では
乗車券・特急券を重ねて通します。
このとき不要となる特急券のみ回収され
乗車券のみ戻ってきます。

「新幹線からJR在来線に乗り換える風景」
下記動画を参照してください
必ず乗車券だけが戻ってますね。
取り忘れに注意しましょう

↓    ↓    ↓

在来線は、10番線までありますが
新幹線連絡口から近いのが10番線です
そして9.8.7という順番になります。
出来れば、中央通路を歩いて
いかれると乗り換えに便利です。
東京駅構内図
画像引用 http://matome.naver.jp/odai/2141153866037117501

山手線有楽町駅への行き方

東京駅構内に入ると以下のような表示板があります。
これを必ず、目に止めながら歩きましょう。
山手線5番線
東京駅の5番線が山手線外回り
(品川・渋谷方面)方面乗り場です。
同じホーム6番線には、京浜東北線があり
どちらに乗っても次の有楽町駅に停車します。

但し、京浜東北線は平日の
10時から14時まで快速が走ります。
快速は有楽町駅には止まりません
無難なところで、山手線を利用しましょう。
但し、土日であればどちらに乗っても構いません。

有楽町駅から徒歩での行き方

有楽町駅に行く際に進行方向前の方に乗ります。
ちょうどこのあたりだと便利です
有楽町降りる車両

    • 日比谷口改札を出ます

日比谷口

    • 信号を渡るとこのような通りがあります

1024px-有楽町ビル

    • ビルとビルの間の通りを歩いて最初の信号渡ります
    • 渡った左側がペニンシュラ東京です


ペニンシュラ東京 #sky #イマソラ / torisan3500

徒歩2分程度の距離です。

念のため地図を載せます

スポンサードリンク

東京駅から徒歩で行く方法

東京駅丸の内中央改札から徒歩で行けます
新幹線ホームから

丸の内中央改札への行きかた
  • JR在来線の「中央通路」に出ます
  • 中央通路を番線の数字が少なくなる方向にどんどん進みます
  • 途中右手側にこのような目印があります

中央通路目印

    • 最後の1番線・2番線越えます
    • 写真の左側が中央改札になります
丸の内中央改札から徒歩で行く方法
      • 改札出たら左に曲がってください
      • 左側にはとバス営業所があります

はとバス

      • そのまま線路沿いを歩きます
      • 最初の信号渡ると国際フォーラムです


東京国際フォーラム / ayustety

      • 国際フォーラムの中を通過します
      • 通過して最初の信号渡ると有楽町駅です
      • 右側にビッグカメラが見えてきます


Tokyo Train Station / IQRemix

      • ビッグカメラを右側にして線路沿いを歩きます
      • 左手に日比谷口が見えてきます
      • 後は、前述したのと同じコースです

距離1.1キロ 所要時間15分程度です。
但し、新幹線ホームから
丸の内中央改札まで10分ほどかかります。

念のため地図を載せます

タクシーでの行き方

先ほどご紹介した、丸の内側から
ご乗車してください。
新幹線側の八重洲方面から乗車すると
高くなります。

スムーズに行けば、ペニンシュラ東京までは
基本料金で行けます。

※降車の際、「領収証」の請求をお忘れなく。
万が一忘れ物をしたときのお問い合わせの
方法に絶対欠かせないものです。

まとめ

おすすめの行き方は
山手線で有楽町まで乗車して
そこから徒歩です。

特に新幹線で来る方は
有楽町までの運賃がかかりません。

東京になれていない方は
早く行けて迷わない方法を選びましょう

ペニンシュラ東京のご予約はこちらからどうぞ



スポンサードリンク



コメントを残す



CAPTCHA