東京駅から半蔵門駅へのアクセス。おすすめの行き方を紹介します。

半蔵門は、江戸城にある門の1つです。
駅降りてすぐ近くに
東京FM(TFM)のビルがあります。

では、東京駅からは
どのように行けば良いのか
あらゆる行き方を徹底的に調べるとともに
おすすめの行き方をご紹介いたします。

スポンサードリンク

電車で行く方法

電車での行き方は、東京駅で
地下鉄丸ノ内線に乗り換え
次の駅大手町で半蔵門線に乗り換えます。

こちらの行き方に関して
詳しく紹介していきます。
TFM

新幹線降りてから在来線ホームへの行き方

東海道新幹線や東北新幹線などで上京する場合、
乗車券は「出発駅→東京(都区内)」という乗車券となります。
改めて乗車券を買い直すことはありません。

さらに最寄りの改札口が
八重洲口というところに出ます。
しかし、丸ノ内線に乗り換える場合
八重洲口は出ないように。
JR在来線連絡口を通りましょう。

在来線連絡改札では、乗車券・特急券を重ねて通します。
このとき不要となる特急券のみ回収され、乗車券のみ戻ってきます。
「新幹線からJR在来線に乗り換える風景」
下記動画を参照してください
戻ってきているのは乗車券です
取り忘れに注意しましょう

↓    ↓    ↓

在来線は、10番線までありますが
新幹線連絡口から近いのが10番線です
そして9.8.7という順番になります。
ここでは、迷わないコースを
いくつか紹介していきます。
出来れば、中央通路
歩いていかれると乗り換えに便利です。

画像引用http://goo.gl/qLRo2q

東京駅から東京メトロ丸ノ内線乗り換え
    • JR在来線の「中央通路」に出ます
    • 中央通路を番線の数字が少なくなる方向にどんどん進みます
    • 途中右手側にこのような目印があります

中央通路目印

    • 最後の1番線・2番線越えます
    • 丸の内中央改札の右側に下りエスカレーターが見えます
    • 写真の右側が下りエスカレーター&階段、左側が中央改札

総武線・丸の内中央改札

  • そのエスカレーターを下って真っすぐ歩きます

(そこは総武線&横須賀線のホームに行くコンコースです)
総武線・横須賀線へ行くまでの動画を参考にしてください。
但し、総武線へ降りないように注意してください。
新幹線ホームから丸の内線乗り換え

  • その先に自動改札がありますので出ます
  • 東京メトロ丸ノ内線東京駅の改札が見えてきます

改札出ると下記のような画像の場所がすぐに見えます。
東京駅丸ノ内
新幹線降りてから丸ノ内線改札までの徒歩時間は
迷わず最短で行けて10~15分はみておいてください。
東京メトロ丸の内線東京駅にて
2番ホームより池袋行きに乗ります。
次の駅(乗車時間2分)大手町で半蔵門線に乗り換えます。
丸ノ内線時刻表
地下鉄路線図

丸の内北口・南口からも行けますが
慣れていないと当然迷います。
故に丸の内中央改札を目指しましょう。

丸ノ内線から半蔵門線乗り換え
  • 大手町に着きましたらホーム前寄りで降りてください
  • 左側にある下り階段・エスカレータを下ります
  • すぐ近くの階段又はエスカレータをさらに下ります
  • 半蔵門線ホームに到着します

この乗り換えは1分くらいで着きます
7番線から中央林間・長津田行などにご乗車下さ
これ以外の行き先の電車でも大丈夫です。
3駅6分乗車(運賃170円)で半蔵門駅です。
半蔵門線平日時刻表
半蔵門線休日時刻表
スポンサードリンク

タクシーでの行き方

東京駅丸の内口からご乗車下さい。
八重洲口からですと少々高くつきます。
乗車時間は15分~20分
料金は1,500円~1,700円ぐらいです。
誤差は道路の混雑具合と、乗降場所によります。

※降車の際、「領収証」の請求をお忘れなく。
万が一忘れ物をしたときのお問い合わせの
方法に絶対欠かせないものです。

バスでの行き方

東京駅からの直通バスはありません。
10分歩いた日比谷周辺からは出ておりますが
その間に電車を利用すれば
半蔵門に到着します。

東京での宿泊は?

念のため、東京での宿泊施設も
紹介しておきます。
宿泊施設をお探しの場合は
こちらを参照ください。

交通費とセットで予約なら本当にお得です
【日本旅行】 往復のJRと宿泊がセットになって、こんなにお得!!

お宿だけお探しなら
50万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

まとめ

半蔵門駅は、電車駅は半蔵門線
「半蔵門駅」が最寄り駅で
周辺に駅がないという状態です。

都心の真ん中に位置しながら
他線の連絡のない駅は珍しいケースです。

従って、おすすめの行き方は
半蔵門線の利用です。
複数人数がいて、荷物が多い場合は
タクシーは一人当たり400円程度ですので
こちらも料金負担少なく行けます。



スポンサードリンク



コメントを残す



CAPTCHA