東京駅から秋葉原駅への行き方。おすすめの行き方はこれです!!

JR秋葉原駅は、「山手線」「京浜東北線」「中央・総武線(各駅停車)」
の3路線が乗り入れており
駅構内が少々複雑な形になっています。
また、つくばエクスプレス線や
東京メトロ日比谷線の秋葉原駅は
電気街とはJR秋葉原駅を挟んで反対側にあるので、
電気街方面への移動がやや難しくなっています。

さて、東京駅からはどのように行けば良いのか
今回は電気街出口を中心に
おすすめの行き方をご紹介いたします。

スポンサードリンク

バスで行く方法

残念ながら東京駅から秋葉原までは
直通バスが出ていないので
電車かタクシーで行く形になります。

新幹線降りてからJR在来線乗り換え方法

東海道新幹線や東北新幹線などで上京する場合、
乗車券は「出発駅→東京(都区内)」
という乗車券となります。
改めて乗車券を買い直すことはありません。

さらに最寄りの改札口が
八重洲口というところに出ます。
しかし、在来線に乗り換える場合
八重洲改札口を出てはいけません。
JR線乗り換え口を通りましょう。

在来線連絡改札では、乗車券・特急券を重ねて通します。
このとき不要となる特急券のみ回収され
乗車券のみ戻ってきます。
「新幹線からJR在来線に乗り換える風景」
下記動画を参照してください
必ず乗車券だけが戻ってますね。
取り忘れに注意しましょう

↓    ↓    ↓

在来線は、10番線までありますが
新幹線連絡口から近いのが10番線です
そして9.8.7という順番になります。
出来れば、中央通路を歩いていかれると乗り換えに便利です。
東京駅構内図
画像引用 http://matome.naver.jp/odai/2141153866037117501

電車で行く方法

JRのみ利用する

東京駅構内に入ると以下のような表示板があります。
これを必ず、目に止めながら歩きましょう。
山手線 内回り
東京駅の4番線が山手線内回り(上野・池袋方面)方面乗り場です。

同じホーム3番線には、京浜東北線があります。
進行方向前から3両目に乗り、2つ目の秋葉原で降ります。
京浜東北快速であれば、次の駅が秋葉原です。
乗車時間は4分程度です。
新幹線でお越しの方は追加料金はありません。
新幹線乗車券お持ちでないばあいは140円です。

タクシーを利用した場合

新幹線ホームからだと八重洲口が近いです
そこからタクシーに乗ると
¥900 ~ ¥1,000 (乗車時間 約10分 )くらいです
渋滞を考えるとプラス200円はみておきましょう。

※降車の際、「領収証」の請求をお忘れなく。
万が一忘れ物をしたときのお問い合わせの
方法に絶対欠かせないものです。

スポンサードリンク

秋葉原駅から電気街口への行き方

電車を降りたら
ともかく下に向かって階段か
エスカレータを降りましょう。
1階の大きな通路は
その階段(エスカレータ)に直角になっています。

その通路の一方が「電気街口」です。

電気街口と書いてある表示に従って出れば目的地です。
電気街口は山手線内回りに
一番近い方の出口ですからすぐ分かります。
ともかく山手線からは降りるエレベータ(階段)ですから、
上がらないようにだけ気を付けて下さい。
そっちへ行くと別のホームに行ってしまったりします。

具体的に何両目に乗っていると便利か?

2番線(山手線)先頭車両は11号車です
中央改札口・電気街口方面
3号車進行方向4番目のドア出てエスカレータ降りる
降りたら左折で「電気街口」改札です

6号車進行方向4番目のドアエスカレータ降りる
7号車進行方向2番目のドア階段・エスカレータ降りる
降りたら右折で「電気街口」改札です

電気街から近い名所(UDX・AKB劇場)

  • 秋葉原 電気街口 改札を出て右へ行きます
  • 広場の真ん中にあるUDXビルに行くエスカレータをのぼります
  • 目印は広場の先にある大型テレビ画面があります
  • UDXビルの大型テレビの下まで歩きます
  • UDXの左側をそのまま通り抜けます
  • しばらく行くと左側に下に降りる階段があります
  • その階段を下ります
  • 降りたところの左前にあるビルがあります
  • ミナミビル(ドンキホーテ)の裏側になります
  • ドンキは実質2~5階です
  • 8FがAKB劇場になります

秋葉原周辺のホテルは?

念のため、秋葉原周辺の
宿泊施設も紹介しておきます。
宿泊施設をお探しの場合は
こちらを参照ください。

秋葉原でお勧めのホテル
アパホテル秋葉原

グリッズ ホステル ラウンジ 秋葉原

まとめ

秋葉原は南北に山手線・京浜東北線
その上に交差するように総武線が走ってます。

山手線・京浜東北線は2F
総武線は3Fに位置しています
従って、どこかの改札出る場合は
常に下に降る
これを常に念頭におきましょう。

新幹線の予約・ネット販売・配送ならシナジーチケット



スポンサードリンク



コメントを残す



CAPTCHA