浅草観光スポット おすすめの名所や定番の人気スポットへの行き方をご紹介します。

浅草で『絶対外せない』観光スポット
雷門・仲見世・浅草寺
その他いろいろあります。

では、その場所に行くのには
どのような行き方があるのか
詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

浅草観光スポットに関して

今回は、浅草の有名どころ
◆雷門
◆仲見世
◆浅草寺
◆新仲見世商店街

それに加えて
◆久米平内堂 縁結びの神様
◆銭塚地蔵堂 財福のご利益

さらに珍しいデザートとして
◆梅園  粟ぜんざい

以上は浅草のほんの一部ですが
こちらへの行き方に関して
詳しく紹介していきます。

浅草へのアクセス

浅草へは様々な地域から来られてます
まずは主要駅から浅草へのアクセス
こちらを詳しく紹介していきます

東京駅から

東京から浅草の行き方に関しては
下記に詳しい記事がありますので
それに従って移動してください
   ↓  ↓  ↓  ↓
東京駅からの行き方

羽田空港から

羽田空港から浅草の行き方に関しては
下記に詳しい記事がありますので
それに従って移動してください
   ↓  ↓  ↓  ↓
羽田空港からの行き方

新宿駅から

新宿駅から浅草の行き方に関しては
下記に詳しい記事がありますので
それに従って移動してください
   ↓  ↓  ↓  ↓
新宿駅からの行き方

上野から

上野から浅草の行き方に関しては
下記に詳しい記事がありますので
それに従って移動してください
   ↓  ↓  ↓  ↓
上野駅からの行き方

雷門からスタート

浅草といってまず思い浮かべるのが
この『雷門』です。

ここからスタートして仲見世通りを
歩いてお店紹介などもしていきます

銀座線浅草駅から雷門への行き方を
詳しく紹介していきます。

浅草駅から雷門への行き方

銀座線浅草駅は終点です。

  • 1番線・2番線のどちらかに停車します
  • 5号車に乗車しておくと便利です
  • 先頭車両は6号車です
  • 5号車付近の階段を上がって下さい
  • 改札出て右に進みます
  • 1番出口を目指します

浅草駅

  • 1番出口を上がります
  • そこが雷門通りになります
  • 少し歩いて交番の横が雷門です

雷門

  • 雷門をくぐって仲見世通りです
  • 駅から雷門まで徒歩2分程度です

銀座線浅草駅から雷門までの行き方を
動画にまとめてみました。

雷門から仲見世通り

雷門で撮影をして中に入ります

  • 仲見世通りの看板です

  •  
     

  • 仲見世通りはこんな感じです

  •  
     

  • 浅草名物人形焼です

  •  
     

  • 舟和のお菓子は海外客に人気です

  •  
     

  • 浅草のお箸やさんです

  •  
     

  • 豊富な種類の雑貨のお店です

  •  
     

  • 浅草名物「雷おこし」です

  •  
     

  • 人形焼のお店は何店かあります

  •  
     

  • 江戸末期から続く玩具のお店
  • ここへは何度来ても楽しみ一杯です

  •  
     

  • 仲見世通りを出ます

仲見世通り浅草寺へ

  • いよいよ浅草寺に向かいます
  • 宝蔵門が見えてきます

  •  
     

  • そこをくぐれば浅草寺です
  • くぐる前に右へ行きます
  • 「平内堂」という縁結びの神様があります

  •  
     

  • 久米平内に関する説明です

  •  
     

  • 宝蔵門に戻りくぐります
  • いよいよ浅草寺です

  •  
     

  • 参拝がすんだら左に進みます
  • 左側の五重塔がひと際目立ちます

  •  
     

  • 20Mほど歩いて右に曲がります

  •  
     

  • 少し歩くと左側が花やしき通りです

  •  
     

  • そこからしばらくして銭塚地蔵です

  •  
     

  • 金運をアップしてくれるお地蔵様です

平内堂に関して

江戸時代に生きた久米平内をまつる地蔵が
何故、縁結びの神様と言われているのか

詳しくは下記をご覧ください
久米平内縁結び

銭塚地蔵堂関して

銭塚地蔵が、金運をもたらす地蔵と
言われた理由に関して
そして、別名「カンカン地蔵」と
呼ばれている理由ん関して

詳しくは下記をご参照ください
銭塚地蔵堂に関して

雷門から仲見世通り歩いて
「平内堂」「浅草寺」へ行き
そして最後は「銭塚地蔵堂」

ここまでの行き方に関して
動画にまとめました。

スポンサードリンク

雷門から新仲見世商店街

浅草で「新」といえば、新仲(しんなか)です
江戸時代の仲見世・昭和の新仲見世
このようにも言われております。

では、雷門からの行き方を
詳しく紹介していきます。

  • 仲見世通りの看板です

  •  
     

  • 仲見世通りを歩きます

  •  
     

  • 舟和というお店の角を左に曲がります

  •  
     

  • 新仲見世商店街のアーケードです

  •  
     

  • 日本の伝統文化のお店です

  •  
     

  • セールをやってる店も多いです

  •  
     

  • 横断歩道渡ります

  •  
     

  • 新仲見世商店街はさらに続きます
  • 角のたい焼き屋さん。賑わってます

  •  
     

  • 訳アリ商品ディスカウント。安いです

  •  
     

  • 右がROX・3G

  •  
     

  • 左がすしや通りです
  • いろいろなお店があって楽しいです

雷門から仲見世通り歩いて
新仲見世商店街を歩いて行く

その様子を動画にまとめました

雷門から梅園へ

浅草観光の際にはぜひ立ち寄りたい
甘味処「梅園 浅草本店」

安政元年(1854年)創業から守り通した
元祖あわぜんざいの味は絶品です

  • 仲見世通りを歩きます

  •   

  • 仲見世通り真ん中あたりを左へ進みます
  • 伝法院通りに入ります

  •  
     

  • すぐ左に狭い路地があります

  •  
     

  • 仲見世通りの裏を歩く感じです
  • 50Mくらい先にお店がみえてきます

  •  
     

  • あわぜんざい777円です
  • 人気の秘密は抑えめの甘さです

まとめ

今回は浅草の一部をご紹介しましたが
やはり雷門から通ずる名所は
これぞ浅草!という感じです。



スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA